スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


たらい舟 ゆらゆら春の川下り…芭蕉ゆかりの岐阜・大垣(毎日新聞)

 岐阜県大垣市の中心部を流れる水門川で1日、たらい舟の川下りが始まった。川沿いの桜は4、5分咲き。俳人・松尾芭蕉の「奥の細道むすびの地」として知られる水都・大垣の春を家族連れらが楽しんでいた。

【松尾芭蕉といえば】深川の芭蕉、上方に死す

 市観光協会が03年から行っており、同市高砂町から馬場町の四季の広場までの約1キロを約30分かけて下る。愛知県岡崎市から家族5人で訪れた女の子は「桜がきれいで、楽しかった」とうれしそうだった。

 1隻1000円。大人2人と子ども1人が乗船できる。3、4日を除き、9日まで。申し込みは市観光協会(0584・77・1535)。【子林光和】

【関連ニュース】
【松尾芭蕉の意外な関係】音のかなたへ:芭蕉とバッハ
【特集】投稿写真で各地の様子をくまなく 全国のさくら情報2010
【特集】写真で見る花見の今昔 飲めや歌えは連綿と
<船といえば>遣唐使船:中国で進水式 角川財団が上海万博にあわせ建造

ロック誌高齢化の波 心は熱く目には優しく活字大きく(産経新聞)
<黒部市長選>堀内氏が無投票再選 富山(毎日新聞)
「子宮頸がん予防ワクチン」接種しますか、しませんか。(医療介護CBニュース)
「与謝野新党」来週にも 邦夫・平沼氏、合流へ(産経新聞)
<フィギュア>高橋大輔選手が地元・岡山でパレード(毎日新聞)

裁判員裁判 長女殺害の元団体役員に懲役7年(産経新聞)

 家庭内で暴力を振るう広汎性発達障害の長女(20)の首を絞めて殺害したとして、殺人罪に問われた元団体役員、菅野一夫被告(56)の裁判員裁判の判決公判が29日、奈良地裁で開かれた。石川恭司裁判長は「とっさの激情にかられた犯行で、実の父親に命を奪われる結果は重大」として、懲役7年(求刑懲役10年)を言い渡した。

 弁護側は「首を絞めた認識はなかった」として傷害致死罪の適用を求め、殺意の有無が争点となった。

 石川裁判長は、県警の当初の取り調べに殺意を認めた菅野被告の供述について、「被告しか知り得ない内容がある」と信用性を認定。弁護側の主張を退け、「『このままでは家族全員が不幸になる』と殺意を持って首を絞めた」とした。

 判決によると、菅野被告は昨年7月30日、自宅で長女の首を両手で絞め、窒息死させた。

【関連記事】
2歳長男虐待死の母親に懲役10年求刑 「わが子をゴミ扱いした」
首つり自殺…一転、保険金殺人 宮城県警に恩を売った男の決死の覚悟とは
「800万円の定期預金崩したくない」と一万円札を偽造男に猶予刑
裁判員裁判 被害者の複雑な心境、目の当たりに 和歌山
裁判員裁判は損? 勾留が長期化、1年で判決25%

自宅ベランダから乳児2遺体=37歳の母親逮捕−大阪府警(時事通信)
首相動静(3月26)(時事通信)
<海難審判>明石海峡での衝突 受審人3人に業務停止の裁決(毎日新聞)
<マガン>明けの空に飛び立つ影の群れ 北海道・苫小牧(毎日新聞)
東京都心で桜満開=平年より4日早く(時事通信)

今度は機密費巡って閣内不一致 鳩山内閣に「調整機能ナシ」(J-CASTニュース)

 官房機密費を巡って鳩山内閣が混乱状態だ。鳩山由紀夫首相が機密費の用途を公開する方針を示したのにも関わらず、平野博文官房長官が翌日には否定。首相と官房長官で意見が全く一致しておらず、政治アナリストも「内閣がバラバラで、調整機能がない」とあきれている。

 鳩山首相は20010年3月23日行われた衆院予算委員会で、内閣官房報償費(機密費)について、「4月から全ての支出をチェックする。適当な年月を経た後、全てを公開するよう準備にとりかかっている」と述べ、4月以降の機密費の使途を一定期間おいた後に公表する考えを表明した。

■官房長官が首相発言を否定

 また、同日夜にも首相官邸で「前政権では、官房長官からどこに行くか記録にとどめていない。これは大きな問題だ」と指摘。平野官房長官には、今後機密費の支出を全て記録するよう指示を出したと話した。

 だがその翌24日午前の会見で、当の平野氏が「(機密費を)5年後、10年後にオープンにすることで、情報が本当にもらえるのか懸念する」と述べた上、「国益にプラスなのか考えなければならない。首相にも申し上げたい」とし、機密非公開に否定的な見方を示した。

 民主党は野党時代、機密費の支払いを記録する法案を提出するなど、透明化に積極的に動いていた。だが政権交代後、それまでの党の方針とは裏腹に、平野氏が一貫して消極的な姿勢を見せている。09年9月、官房長官に就いて間もないころには、機密費の存在自体を知らないとはぐらかした。10年3月10日にも、官房長官就任後、官房機密費として毎月6000万円を国庫から引き出していたことは認めたが、「国益を損なう」として使途は公開しなかった。

■「鳩山首相のリーダーシップのなさ露呈」

 官房長官が首相が示した方針を翌日に否定するなど考えられない事態だ。政治アナリストの伊藤惇夫さんは、「官房機密費はそもそも公開していいシロモノではありません。ただ、10年、20年経ってから公開すれば問題ないだろうと思うのですが、それすらできないというのは解せません」とした上で、

  「支持率が落ちていますし、それを挽回しようと鳩山さんが公開すると言ったのに、それを翌日に官房長官が否定するのは、内閣がバラバラで調整機能がないということです」

と指摘する。平野氏が、官房長官にも関わらず補佐役に徹していないからだ。米軍普天間基地移設問題などでも、外部に持論を述べて却って混乱を招いている。平野氏は3月24日に、鳩山首相が示唆した普天間基地の継続使用の可能性について「そういう可能性があると導くのは過大解釈」と話し、対立していた。

 勝手な言動で度々内閣を混乱させている平野官房長官。伊藤さんは今回の機密費を巡る不一致について

  「鳩山首相のリーダーシップのなさが改めて露呈したということでしょう」

と話している。


■関連記事
外交機密費上納の「闇」民主が使途公表NGの理由 : 2010/02/09
民主「過去との矛盾」また露呈 今度は「機密費」でウソと豹変 : 2009/11/06
「官房機密費」民主党の変身 透明化推進から存在自体を否定 : 2009/10/14
地域の事情で済ましていいのか AEDとCPR「日米の浸透差」 : 2010/03/18
「日本ではもう働けない」 海外移住を決意した人たち : 2010/03/15

医薬品の安全対策「医療機関が責任を持って対応を」(医療介護CBニュース)
郵貯限度額引き上げを批判=「閣内で改めて議論を」−仙谷戦略相(時事通信)
首都圏JR 架線トラブル 「急に電気消えた」「ドン、と音がした」(産経新聞)
アシアナ航空がオーバーラン=報告は2日後、国交省が注意−開業間もない茨城空港(時事通信)
国からの民間派遣137人=10年間の交流実績報告−人事院(時事通信)

携帯注意され線路に突き落とす(スポーツ報知)

 警視庁上野署は26日までに、男性を駅のホームから線路に突き落とし殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで東京都荒川区の自称運送業・早瀬大介容疑者(33)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は25日午後11時ごろ、電車内での携帯電話の使用を注意され口論となった男性会社員(42)を、JR上野駅のホームから線路に突き落とし殺害しようとした疑い。男性は左脚骨折の重傷。同署によると、2人に面識はないという。

 早瀬容疑者はJR西日暮里駅周辺の飲食店で飲酒し、同駅から京浜東北線大船方面行きに乗車。席に座りながら大声で通話していると、通りかかった男性に「うるさいですよ」と注意された。別の車両へ移動した男性を早瀬容疑者が追いかけ、口論に発展した。

 男性が乗り換えのため上野駅で降りると、早瀬容疑者も一緒に降車し、男性のシャツのえりをつかんで、反対側の山手線外回りの線路に突き落としたという。非常停止ボタンが押され、入線予定の電車はひと駅手前の鶯谷駅で停車した。

 早瀬容疑者は立ち去ろうとしたが、目撃した男性や警備員らに取り押さえられ、駆け付けた上野署員に逮捕された。早瀬容疑者は「もみ合いになった男性を振り払っただけで、殺害するつもりはなかった」と殺意を否認。「(男性が線路に)落ちたことすら覚えていない」と供述するほど酒に酔っていた。

 【関連記事】
突き落とし 殺人未遂 西日暮里 を調べる

国松元警察庁長官銃撃、未解決で捜査を終結(読売新聞)
平成の大合併に幕=改正特例法が成立(時事通信)
拉致支援法案が衆院通過(時事通信)
<郵政改革>消費税減免「聞いてない」…菅財務相(毎日新聞)
「歴史的な一幕」―「特定看護師新設」で日看協・坂本副会長(医療介護CBニュース)

差し押さえ逃れで仮登記=「指導」の弁護士、懲戒処分−鹿児島(時事通信)

 金融機関の仮差し押さえを免れるため、実態の伴わない不動産の所有権移転仮登記をさせたなどとして、鹿児島県弁護士会は23日、同会所属の窪田雅信弁護士(60)を業務停止3カ月の懲戒処分にしたと発表した。
 同弁護士会などによると、窪田弁護士は鹿児島市内のビル管理会社から、関連会社が倒産した関係で売却予定のビルや土地が金融機関に仮差し押さえされる可能性があると相談を受けた際、所有権を第三者に移転させる方法があると教示。契約書を作成した上、司法書士に指示し、2008年8月に実態の伴わない所有権移転仮登記をさせたとされる。
 窪田弁護士は「仕事として相談を受けたわけではなく、金ももらっていない」などとして同日、日弁連に異議申し立てをした。
 同弁護士会は、公正証書原本不実記載、同行使の教唆容疑での告発も検討するという。
 森雅美鹿児島県弁護士会会長の話 会として、弁護士倫理の研修などに取り組んでいきたい。 

首相動静(3月17日)(時事通信)
首相、生方氏留任は「幹事長が判断した。良かった」(産経新聞)
生方氏解任は強権的=自民総裁(時事通信)
「これが健全な組織か」 生方氏、解任不服申し立ても(産経新聞)
次期首相のトップは舛添氏(産経新聞)

吉野川第十堰、国交相が「可動化中止」明言(読売新聞)

 吉野川・第十堰(ぜき)の可動堰化計画について、国が「白紙」としたままになっている問題で、地元住民団体メンバーらが23日、前原国土交通相を訪ねて第十堰の保全などを要望。

 メンバーは同省で記者会見し、「大臣は『(可動堰化は)選択肢にない』と中止を明言した。住民投票から10年。これで可動堰化は完全になくなった」と笑顔で報告。「今後は堰をどう保全するかだ」と、新たな課題に取り組む意欲を見せた。

 同問題は、国の可動堰化計画が2000年1月、徳島市の住民投票で反対多数となり、「白紙」とされたが、国交省は05年、吉野川河川整備基本方針などで可動堰化の可能性を否定せず、現在の堰をどうするか、宙に浮いた状態が続いた。今年1月には仙谷国家戦略相が、「(可動堰化は)ありえない」と復活を否定した。

 前原国交相に要望したのは、住民投票から10年を記念したシンポジウムを開いたNPO法人「吉野川シンポジウム実行委会」の姫野雅義代表世話人ら住民団体のメンバー9人。この日、東京都の中央合同庁舎で非公開で面会。▽第十堰の保全存続▽保全に向けた住民参加型の検討委員会の設置――などを求めた。

 メンバーらは会見で、「前原国交相は何度も『(可動堰化は)ありえない』と言い、『保全に向けた調査を行う』との発言もあった。中止になったと受け止めた」と晴れ晴れとした表情で報告した。

 姫野代表世話人は「ここまでずいぶん長かった。国が決めたことに10何年も反対し続け、ようやく国に届いた。市民も吉野川が身近で大事という感覚になった。決して無駄じゃなかった」と喜んだ。第十堰の近くに住むNPO法人「吉野川みんなの会」理事の山下信良さんは「前原大臣は『住民の方と思いは一緒です』と何度も口にした」と満足そうに話した。

 姫野代表世話人は、前原国交相が、保全を前提に、治水面での科学的データが不十分だとして今後調査を行うことや、住民参加で情報を公開する検討委設置に前向きだったとも報告。「住民がかかわっていく、全国のモデルケースにできれば。どんどん提言したい」と期待していた。

「警察への国民の信頼損なった」覚醒剤使用の元警部補に有罪判決 東京地裁(産経新聞)
遺体は32歳女性会社員=6日から不明、殺害後切断か−死後7〜10日・福岡県警(時事通信)
「政治とカネ、けじめつけてないのが下落要因」前原国交相 閣僚から内閣支持率急落で批判相次ぐ(産経新聞)
暴力追放運動リーダー宅に発砲、工藤会関与か(読売新聞)
タクシー乗務距離制限、取り消し求めMK提訴(読売新聞)

島の海岸など捜索=女性遺体遺棄−福岡県警(時事通信)

 福岡市西区の能古島北東部の海岸で15日、女性の下腹部の遺体が見つかった事件で、福岡県警西署捜査本部は16日午前、約60人態勢で現場周辺や島の海岸などの捜索を始めた。また、遺体を司法解剖し、死因や身元の特定を急ぐ。
 捜査本部によると、遺体は15日午後、能古島キャンプ村から南に約200メートルの砂浜で、貝掘りをしていた住民女性が発見した。へその下から足の付け根までの成人女性で、鋭利な刃物で切断され、死後数日から数週間程度とみられる。 

【関連ニュース】
海岸に女性遺体、切断か=捜査本部設置
郵便局強盗容疑で42歳男逮捕=女性客に刃物、200万円奪う
「悲しさと悔しさ、消えない」=少年2人逮捕に重傷男性ら
内装業の男を逮捕=兵庫の72歳女性殺害容疑
殺意認定「感覚と法律で違った」=殺人未遂判決で裁判員

波元会長にきょう判決=無罪主張、求刑懲役18年−「円天」詐欺事件・東京地裁(時事通信)
「目が半開きで口が大きく開いていました」…事件の恐怖語った目撃者 秋葉原殺傷第6回公判(産経新聞)
接種後死亡は基礎疾患、インフル感染が影響―新型ワクチンで厚労省会議(医療介護CBニュース)
<普天間移設>陸上案「完成に10年」政府試算(毎日新聞)
癒やしの府住ペット 癒やされぬ無断飼育 ルール無視入居者苦情相次ぐ (産経新聞)

サクラ並木 春の陽気…名古屋で満開(毎日新聞)

 14日の東海地方は高気圧に覆われ、各地で春の陽気となった。名古屋市で一番早く咲く桜といわれる東区泉のオオカンザクラとカンヒザクラの並木も満開となり、ピンクの花が通行人の目を楽しませていた。

【特集】全国各地のさくら情報

 名古屋地方気象台などによると、名古屋市ではこの日18.9度を記録。岐阜市18.1度、津市17.9度など、いずれも4月上旬から中旬並みの気温にまで上昇した。【飯田和樹】

【関連ニュース】
【写真で見る】各地のさくら便り
【写真で見る】昨年もきれいでした 各地のサクラ
【写真特集】花見:写真で見る今昔 飲めや歌えは連綿と
桜:高知で開花 平年より13日早く

<東大寺>夜空焦がす「籠たいまつ」 担ぎ手の童子、勇躍(毎日新聞)
福岡県警巡査部長を逮捕=女子高生に強制わいせつ容疑(時事通信)
あのカーネル人形、甲子園近くのケンタで展示へ(読売新聞)
リンクシェア・ジャパン、シックス・アパートのウェブサイト管理ソフトウェア「Movable Type」に対応した、『LinkShare Affiliate Tools』を提供開始
供述調書報道、草薙厚子さんとNHKが和解(読売新聞)

危ない投資話に注意! =「必ずもうかる」、被害増加−HPで呼び掛け・警視庁(時事通信)

 「必ずもうかる」「元本を保証する」。甘い言葉で事業への投資を持ち掛け、現金をだまし取る被害が増えているとして、警視庁は11日、ホームページで注意呼び掛けを始めた。
 同庁生活経済課によると、投資話に関して同庁に寄せられる相談や関係省庁からの情報提供は2007年が232件、08年が218件だったが、昨年は372件と急増。今年も2月末現在で75件となり、昨年を超える水準で推移している。
 全国の警察が昨年摘発した出資法違反、金融商品取引法違反など「資産形成事犯」の被害者は約5万4000人、被害総額は約1654億2000万円に上り、振り込め詐欺の7156人、約95億8000万円を大きく上回る。 

【関連ニュース】
振り込めグループにも携帯貸す=本人確認せず、経営者ら再逮捕
黒木容疑者が「オーナー」=投資組合の元運営者逮捕
トランスデジタル社長ら再逮捕=8億8800万架空増資
トランス社元役員を逮捕=架空増資の疑い
撲滅月間の振り込め110件=警察名乗るカード詐取増加

山内議員元秘書を再逮捕 新たに4千万円詐取容疑(産経新聞)
給与未払いの阿久根市元係長、強制執行申し立て(読売新聞)
佐渡のトキ 擬交尾確認…高まる繁殖への期待(産経新聞)
「第3極」が大同団結 参院選後「政界再編」起きる 渡辺喜美・みんなの党代表インタビュー(下)(J-CASTニュース)
核持ち込みの事前協議「常に拒否」見直しへ(読売新聞)

昨秋の郵便局200万円強盗、42歳男を逮捕 京都(産経新聞)

 郵便局に押し入り現金約200万円を奪ったとして、京都府警捜査1課と西京署は9日、強盗の疑いで、京都市上京区北玄蕃町の飲食店経営、木部智之容疑者(42)を逮捕した。府警によると木部容疑者は容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、昨年9月30日、京都市西京区の京都嵐山郵便局に押し入り、女性客に包丁を突きつけて「金を出せ」と脅し、現金約200万円を奪ったとしている。客2人と職員4人にけがはなかった。

 西京区では、今年1月にも約1.5キロ離れた京都松尾郵便局で現金約9万円が奪われる強盗事件があり、犯人の特徴が木部容疑者と似ていることなどから、府警では慎重に関連を調べている。

【関連記事】
信金強盗容疑で男を追送検 支店長らに包丁突きつけ80万円奪う
「借金に困ってやった」 強盗容疑で無職男を逮捕 福岡県警
女性客に水かけ「燃やすぞ」 郵便局強盗で男を再逮捕
「配り終わらなくて」郵便物をゴミ箱に捨てる 元アルバイト配達員を逮捕
「金を出せ」メモで脅す 東京・江戸川で郵便局強盗

宮内庁発表にヤンキー先生激高「あまりに信じられない」(スポーツ報知)
また虐待死…4歳次男に食事与えず放置 容疑の両親逮捕(産経新聞)
参院選 「民主に投票」22% 急落…自民と拮抗 新報道2001調査(産経新聞)
<狂言>250人が堪能 ミッドランド3周年で(毎日新聞)
教員自殺を公務災害認定=新任2カ月、支援不十分−東京(時事通信)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
携帯ホームページ
クレジットカード現金化 比較
クレジットカードのショッピング枠を現金化
債務整理無料相談
クレジットカード現金化 比較
カードでお金
サイドビジネス
債務整理
selected entries
archives
recent comment
  • 「業務範囲の見直し」で講演やシンポ―看護師職能集会(医療介護CBニュース)
    カナ (08/26)
  • 「業務範囲の見直し」で講演やシンポ―看護師職能集会(医療介護CBニュース)
    アジャ公 (05/03)
  • 「業務範囲の見直し」で講演やシンポ―看護師職能集会(医療介護CBニュース)
    リンデル (01/13)
  • 「業務範囲の見直し」で講演やシンポ―看護師職能集会(医療介護CBニュース)
    オリンキー (01/04)
  • 「業務範囲の見直し」で講演やシンポ―看護師職能集会(医療介護CBニュース)
    サキューン (12/30)
  • 「業務範囲の見直し」で講演やシンポ―看護師職能集会(医療介護CBニュース)
    晶太郎 (12/21)
  • 「業務範囲の見直し」で講演やシンポ―看護師職能集会(医療介護CBニュース)
    モグモグ (12/16)
  • 「業務範囲の見直し」で講演やシンポ―看護師職能集会(医療介護CBニュース)
    ばきゅら (12/07)
  • 「業務範囲の見直し」で講演やシンポ―看護師職能集会(医療介護CBニュース)
    ポコラーニャ (11/24)
  • 「業務範囲の見直し」で講演やシンポ―看護師職能集会(医療介護CBニュース)
    れもんサワー (11/23)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM